タミフルはインフルエンザの治療薬の中でも非常に有名な薬でしょう。実はこのタミフルはインフルエンザ予防に使うことも可能です!当サイトではタミフルに関する情報を一挙に紹介しています!

  • ホーム
  • 毎年見られる肺炎への重症化とタミフル

毎年見られる肺炎への重症化とタミフル

毎年日本では肺炎で命を落とす人が後を絶ちません。
これは風邪をこじらせて肺炎になったり、ときにはインフルエンザの症状が重症になって肺炎になる人もいます。
特にこの傾向は冬に見られ、毎年多くの人が命を落とすことになります。
そのため特に冬には風邪を引いたり、インフルエンザに感染しないように対策を万全に講じなければいけません。
一番インフルエンザの感染対策として有効なのはインフルエンザの予防接種を受けることだと言えます。
9月から11月にかけて予防接種を受けておくと、流行シーズンに体に抗体ができて感染しにくくなります。
しかしインフルエンザの予防接種は誰しも受けられるものではありません。
任意の予防接種であり、持病のある人などは接種を控えた方が良い場合があります。
そこで持病のある人は医療機関で相談し、インフルエンザの治療薬であるタミフルやリレンザを予防薬として処方してもらうのも良いでしょう。
リレンザなどを流行時に吸入しておくことで、肺に薬を充満させ、万が一ウイルスが肺に侵入してもそれ以上ウイルスが増殖しないようにすることができます。
また感染対策として日ごろから規則正しく、食生活にも気を配ることが大事です。
緑黄色野菜の食物繊維、乳製品や発酵食品の乳酸菌を積極的に食べることで腸内環境を善玉菌の好環境に整え、免疫力をアップすると感染しにくい体質にすることができます。
またマスクなどを装着して出歩くことで喉を潤し、他人の飛沫をブロックし、感染のリスクを軽減することもできます。
また接触感染のリスクも考慮して、きちんと外出から戻れば手洗いうがいをすることが大事です。
また睡眠をしっかりとって免疫力を高めることも大事です。