タミフルはインフルエンザの治療薬の中でも非常に有名な薬でしょう。実はこのタミフルはインフルエンザ予防に使うことも可能です!当サイトではタミフルに関する情報を一挙に紹介しています!

  • ホーム
  • 季節性の風邪でないことを意識してタミフルで治療

季節性の風邪でないことを意識してタミフルで治療

せきが出る女性

冬は多くの人々が風邪などの症状を訴えるようになります。
なぜなら気温が低下することによって人の体の血流が悪くなり、体温が低下するためです。
体温が一度低下するだけでも人間の免疫力や抵抗力は非常に落ちてしまい、風邪などを引きやすくなります。
しかし冬は単に寒さが厳しくなったことによる季節性の風邪だけを意識してはいけません。
季節性ではなくインフルエンザウイルスによる流行感冒症を患うこともあります。
インフルエンザに感染すると、40度近くの高熱が出ます。
こうした高熱が出ると全身の関節痛が起こり、次第に咳や鼻水がたくさん分泌され、そして下痢や嘔吐も見られるようになります。
こうした様々な症状に見舞われると、日常生活がままならなくなります。
また、インフルエンザに感染すると肺でウイルスがどんどん増殖するので、放置していると重症になります。
また市販の風邪薬などでも完治させることができないので、早急に医療機関を受診することが大事です。
医療機関ではインフルエンザに感染しているか否かを鼻の粘膜を採取して検査します。
陽性反応が出たら専門の治療薬を処方してくれ、それで治療をしていきます。
その治療薬とはタミフルを指します。
タミフルは服用するとウイルスの増殖を抑制する効果が期待できます。
医療機関でしか処方してくれないので命を落としたくなければ必ず受診しなければいけません。
また、インフルエンザ感染とわかったら医師の指示の下5日から一週間程度は自宅で隔離した部屋で療養しなければいけません。
インフルエンザは飛沫感染、」接触感染などで感染が他人に拡大していくので、自宅であっても隔離部屋で療養することが大事であると言えます。

サイト内検索
人気記事一覧