タミフルはインフルエンザの治療薬の中でも非常に有名な薬でしょう。実はこのタミフルはインフルエンザ予防に使うことも可能です!当サイトではタミフルに関する情報を一挙に紹介しています!

  • ホーム
  • 卵でする予防接種と感染後のタミフルと面会制限解除

卵でする予防接種と感染後のタミフルと面会制限解除

高熱が出ると言うことは人間にとって危機的なことは言うまでもありません。
特に子供に高熱が見られると、脳への悪影響が懸念されます。
高齢者が高熱を出すと肺炎を併発して死に至る事さえあります。
そのため高熱が出ることは日常生活で出来るだけ回避しなければいけなのは言うまでもありません。
しかし冬になると寒さが厳しくなり、様々な感染症や感冒症が見られるようになります。
特にインフルエンザ感染は高熱が出る流行感冒症としてあまりにも有名です。
重症になったり、命を落とさないためにもインフルエンザの予防対策を講じることは非常に大事であると言えます。
卵を主成分としたインフルエンザの予防接種を受けておけば、流行シーズンに感染する確率を下げることができます。
体に抗体ができ、万が一ウイルスが体に侵入しても重症化することはありません。
香港型、B型などさまざまな型がありますが、最近の予防接種は様々なインフルエンザの型に対応できるように複合的な成分になっています。
しかし体の免疫力が低下していると、予防接種を受けていてもインフルエンザに感染することがあります。
喉の違和感、熱、全身の倦怠感、関節痛、下痢やおう吐などが見られれば、インフルエンザ感染を疑って早急に医療機関を受診することが大事です。
鼻の粘膜で検査に欠け、インフルエンザに感染している場合には、専門の治療薬タミフルを処方してくれます。
タミフルを飲むと次第にウイルスの増殖が食い止められて熱や下痢などの諸症状は緩和されるようになります。
しかしすぐに薬を止めずに医師の指示通り5日から一週間程度は服用しなければいけません。
また面会制限解除が医師から告げられるまでは他人への感染拡大を懸念して、自宅で隔離して療養し、出勤や登校を控えなければいけません。