タミフルはインフルエンザの治療薬の中でも非常に有名な薬でしょう。実はこのタミフルはインフルエンザ予防に使うことも可能です!当サイトではタミフルに関する情報を一挙に紹介しています!

  • ホーム
  • タミフルを飲んでも手遅れな場合とは

タミフルを飲んでも手遅れな場合とは

薬と葉

インフルエンザの治療に用いられる代表的な薬にタミフルがあります。服用すれば早期に症状が回復するので、インフルエンザのいわば特効薬として利用されています。
ただし特効薬といっても、タミフルにインフルエンザウイルスを死滅させる効果があるわけではありません。あくまでもタミフルには、インフルエンザウイルスの増殖を抑える働きしかないのです。
したがってウイルスが爆発的に増殖してしまった後でタミフルを服用しても、効果を期待できなくなってしまいます。タミフルの効果を最大限に生かすためには、時間との勝負が大切になるのです。
タミフルを効果的に活かすためには、インフルエンザの症状を発症してから24時間以内、最長でも48時間以内にはタミフルの服用を始めなければいけません。
発熱などの症状が出てから48時間以上を経過した時点で服用を始めても、もはや手遅れの状態ですので薬を飲んでも意味がありません。ですから少しでもおかしいと感じた場合は、すぐにでも医療機関を受診することが重要になります。
医療機関でタミフルを処方された場合は、基本的に5日分が渡されます。早期に服用すれば熱が下がり、回復したような状態になりますが、だからといって薬の服用をやめてしまうのは厳禁です。ウイルスはまだ体内に残っている状態ですので、服用を中止すると再び増殖を始める恐れがあります。ですから必ず処方された日数分の薬は飲み切ってしまわなければいけません。
なお最近はインターネット通販などでも薬の購入ができますが、どの薬にも副作用があり、ほかの薬との併用が禁止されていることもあります。通販や個人輸入で購入した薬で何らかの影響が出ても、すべて自己責任になりますので慎重に利用することが必要です。

サイト内検索
人気記事一覧