タミフルはインフルエンザの治療薬の中でも非常に有名な薬でしょう。実はこのタミフルはインフルエンザ予防に使うことも可能です!当サイトではタミフルに関する情報を一挙に紹介しています!

  • ホーム
  • インフルエンザをぬれマスクで対応するのとタミフル

インフルエンザをぬれマスクで対応するのとタミフル

インフルエンザは流行感冒症の中でも非常につらく苦しいものとして非常に有名です。
それは風邪とは異なり40度近くの高熱が出るためです。
高熱が出ると関節痛に悩まされたり、下痢や嘔吐、激しい倦怠感に見舞われることになります。
また咳やくしゃみ、鼻水の分泌も多く、日常生活がままならなくなります。
インフルエンザを子供や高齢者、持病の人が感染し、重症になると最悪の場合肺炎や脳症になることもあります。
こうした最悪の事態にならないためには、インフルエンザの感染対策を万全にすることが大事です。
一番有効とされている感染対策はインフルエンザの予防接種を受けることだと言われています。
体にインフルエンザの抗体を作ってしまうと感染しても重症にならずに済みます。
しかし持病のある人や高齢者の中にはインフルエンザの予防接種を受けられない人もいます。
こうした場合は部屋の湿度を50パーセント以上に保つことを心がけ加湿器をかけたり、喉を常潤すためにぬれマスクを常につけると言った対策を講じることが大事です。
加湿器などがない場合には濡れタオルを室内に干しておくのも有効です。
湿度が高くなると、インフルエンザウイルスの活動は弱まる傾向にあります。
また持病があり、重症化することが懸念される場合にはタミフルやリレンザと言った治療薬を予防薬として服用するのも有効と言えるでしょう。
こうした場合はかかりつけ医と相談し、対応してもらうと良いと言えます。
しかし基本は、自分の体の免疫力や抵抗力を高めるように心がけることが大事です。
規則正しい生活を心がけ、緑黄色野菜や乳酸菌の食品を積極的にとり、ストレスフリーな生活を心がけ、免疫力をアップすることが大事です。